新規会員登録で500円分のポイントプレゼント

NEWS & EVENT
最新情報

水栓金具とは

2022/05/15

#⽔回り

洗面所や台所、浴室などで使われる水栓金具には単水栓と混合水栓があります。

単水栓は水もしくはお湯を単独で吐水する構造の水栓です。水栓上部のハンドルを回すことで、内蔵されているスピンドルが上下し水量を調整します。ハンドル上部に青い色ビスがあるものは水、赤い色ビスがあるものはお湯が出ることを表すのが一般的です。配管が壁側から接続されるものを横水栓、床側から接続されるものを立水栓と呼びます。吐水口が固定されている胴長水栓や吐水口が上下左右に回転する万能ホーム水栓、スパウトと言われる先端のノズルが左右に回転する自在水栓などがあります。その他吐水口先端にタケノコ状のホース接続口がついている散水栓も単水栓の一種です。洗濯機接続に使用する洗濯水栓はホースが外れても自動的に水が止まるストッパー機能付きの専用水栓もあります。

混合水栓はお湯と水を混ぜ合わせ、水温を調整することが出来る水栓です。シャワーホースの有無の他、温度調節のやり方で3種類の方式があります。
水とお湯の二つのハンドルで湯水の量を調整するのが「2ハンドル混合栓」です。一時止水付きのものを選択すれば湯水のハンドルの位置を固定することが出来、温度調節をその都度する必要がありません。
「シングルレバー混合栓」はレバーを上下に動かすことで湯水の出し止めが出来、左右の位置によって温度の調節ができる構造です。
「サーモスタット混合栓」は温度設定ハンドルでお好みの水温に固定することが出来ます。

混合水栓のシャワーホース・シャワーヘッドは交換することが出来ます。ただし水栓本体とシャワーホースのメーカーが異なる場合はアダプターが必要になるケースがあります。アダプターはシャワーホースに同梱されているケースが多いですがご確認ください。